申し込みしすぎると問題ある?

申し込みしすぎると問題ある?

「申し込みブラック」という言葉を聞くことがあります。これは「ブラックOK」といった宣伝で使われるブラックとは少し違います。単純にブラックと言う場合は、一般的に金融事故を起こした人のことを指すことが少なくありません。金融事故とは、債務整理をしたり強制解約を受けてしまったりといったお金の貸し借りのトラブルのことです。こうしたトラブルを抱えた過去があると、それが信用情報として記録されていて、次の融資の申し込み影響が出ることがしばしばです。ですからブラックの人が消費者金融を利用する時は、それに対応している業者を探します。しかしここで言う「申し込みブラック」とは、そういう金融事故のことではありません。この場合、わずかな日数の間にたくさんの融資の申し込みをかける人たちのことを指します。このタイプの人は審査に落ちてしまう可能性が高くなると言われています。いくつもの業者に立て続けに申し込むと不利なのはなぜでしょうか?

申し込みブラックが嫌われやすいのはなぜ?

自分が知り合いにお金を貸してほしいと頼まれた時のことを思い浮かべると分かりやすいです。もしその知り合いが、自分以外の複数の人に借金を頼んでいるのを知ったら、ふつう貸したくなくなります。というのはもし他の人たちもお金を貸すとしたら、その人は何人も相手にお金を返済をしなければならなくなるからです。当然それは面倒で負担の大きな状態です。そうなれば他の人に返すために自分への返済が延滞されるかもしれません。貸して返ってこなかったら困るので、この場合最初から貸さない方が良いと思うでしょう。消費者金融業者も同じです。ある人の申し込み情報については信用情報機関という組織が情報を共有してくれますが、そこから得た情報で、その人が他にも借金を申し込んでいることが分かれば、返済能力なしと考えやすくなります。お金にルーズというイメージも出てくるでしょう。ですから2,3社ならまだしも、5社、10社と短い期間に申し込むのはリスクがあるのでやめましょう。

自動契約機攻略ガイド│申込→審査→借入までの使い方を徹底解説!はこちら

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違いとは何でしょか?実は、クレジットカードにもカードローンを付けることができます。この場合、クレジットのキャッシング枠を増額するのではなく、別にカードローンを発行します。このカードを作る際には、クレジットカードの入会審査とはまた別にカードローンの審査を受けなければいけません。クレジットカード本体の審査より、若干厳しい審査が行われます。しかしクレジットカードの審査もカードローンの審査も、個人の信用情報と属性が審査されるので、審査基準はさほど変わりません。ではなぜ2回も審査を受ける必要があるのでしょうか?クレジットカードは基本的にショッピングクレジットがメインとなっています。たとえばある時計をクレジットで購入した際、完済するまでは商品の所有権はクレジット会社がもっています。そのため審査が緩めになっています。しかし、カードローンはクレジットカードとは異なり、個人の信用だけをもとにしてお金借りることになります。そのため貸金業者の立場からみてクレジットよりもカードローンの審査がやや厳しくなるのは、カードローンが完全な無担保個人融資であって、個人の信用度だけで借り入れ金額を設定しているからなのです。

また、カードローンとクレジットカードは金利が異なります。クレジットカードのキャッシングの金利はカードローンよりも若干割高となっているので、上手に使い分けることができるでしょう。

消費者金融でアコムを選んだときの体験談

消費者金融のカードローンは審査が比較的緩めであり、申し込みなどの時間帯によっては即日キャッシングが可能になる事、インターネットを利用して申し込みをすることでお店に行かなくても契約までをネット完結が出来るなどの利便性が在り、以前から利用してみたいと感じていました。

また、カードローンで借りるお金と言うのは使い道が自由になるので、お金が足りない時など近くに在るATMを利用すればいつでもお金を借りる事が出来る利便性が在りますし、カードローンは利用限度額の範囲の中であれば繰り返しお金を借りる事が出来るため、今月ピンチと言う時でもカードローンを利用することが出来るようにしておけば安心だと感じ、申し込みをしてみる事に決めたのです。

しかし、消費者金融と言っても色々な会社が在りますので、テレビのコマーシャルなどでもお馴染みのアコムを利用してみる事にしました。

アコムは無人店舗に在る自動契約機を使えばその場でカードを受け取れると言う事をネットの情報サイトで知ったので、この消費者金融に決めたのですが、ホームページの中には無人店舗が何処にあるのか、営業時間は何時から何時までなのかと言った情報も見ることが出来るようになっており、自宅の近くにある無人店舗を探して、そのお店に出向いて申し込みをしました。

申し込みをすると30分ほどで結果が知らされると言う事からも、近くで時間を潰していると審査結果の連絡が入り、そのまま無人店舗で契約を交わしてお金を借りることが出来るようになりました。

大阪のサラ金で限度額が大きいところは?

大阪にはお金を貸してくれるサラ金が多数存在しますが、一般的なフリーキャッシングにおいて限度額の大きいところとして、800万円の業者がありますので注目しましょう。
800万円まで借りられるサラ金は、大阪の町中にある小さな業者ではなく、全国規模で営業を行っている大手に限られています。大阪府内に大手の業者の実店舗が存在しますが、有人ではなく、各地に存在する無人の店舗でも問題なく申込手続きや融資を受けられますので、利用してみるとよいでしょう。
店舗に向かわなくても、インターネットが利用できる環境にあれば、自宅や外出先のどこからでも申し込んだり借り入れができるようになっています。柔軟な対応ができるのが、大手の業者の強みです。パソコンやスマートフォンなどを用いて、公式サイトから申し込みフォームを開いたり、ログインすることで手続きを行えます。
気をつけたいのが、800万円もの金額を誰もが借りられるとは限らないことです。限度額は申し込みの審査に基づき、決定されます。800万円まで借りられる業者であっても、審査結果によっては10万円までしか借りられないことは割とあります。よほどの信頼がある人や、立場の人でもなければ最高額まで借りられる契約などできませんので、その点を考慮してサラ金を選びたいところです。
大阪でできるだけお得にお金を借りるためにも、限度額の大きさばかりでなく、金利の上限が低い業者を選ぶことをおすすめします。
サラ金の金利比較ランキング【即日融資も可能】おすすめ大手4社サラ金はこちら

札幌のキャッシングを利用した体験談

札幌の街のイメージというのは北海道にあるだけに、都会というよりものんびりとした街なのかなと思っていたのですが、中心部は非常に発展した街で驚いてしまいました。
必要な物はなんでも揃っているという感じで、不便をすることはなくそれでいて都市部を少し離れると道路も広くて暮らしやすい場所だと感じました。
その一方で結構お金がかかる場所であることも違いなく、冬場は非常に寒く雪も多いので暖房費も掛かりますし車があると冬タイヤの費用も発生するので最初の冬はお金がなかったこともあって金欠状態になってしまったのです。

赴任してきて早々前借りをするというのも格好わるいのでなんとかお金を工面しようと思って、キャッシングを利用することにしました。
札幌はなんでもありますから、全国展開しているキャッシング業者はもちろんのこと地域に根づいた業者などもたくさんあって、お金を借りる場所には困りませんでした。
幸か不幸か近所に大手金融業者の無人契約機があったので、それを利用して借りることにしたのですがこれ自体は全国どこに行っても流れは大して変わらないのでしょうから、特に問題なく手続きは済み少ししてから融資が可決されました。
おかげで札幌の寒い冬を乗り切ることができたのですが、このような部分でお金がかかるというのは予想していなかっただけにキャッシングがなければ冬を乗り切れなかったかもしれないので便利に借りられるサービスがあり助かりました。
http://www.tppmpsfortransparency.org/